自衛官の再就職|玉掛けの資格とは

玉掛けとはクレーンのフックに荷物を掛ける・外す作業のことを指し、建設業・製造業・倉庫業・運送業・印刷業・造園業など、大小様々なクレーンを使用する職場で必要とされる資格です。

現職の時に輸送・補給関連に所属していた方であれば、玉掛け資格を既に取得している方もいるのではないでしょうか。

求人票の応募条件の欄に【玉掛け資格あれば尚可】と記載がある求人の場合は、別途資格手当が付与され有資格者が優遇される場合もあります。

また、取得も簡単なので再就職先の業界が絞り込めている方は資格取得を目指しても良いでしょう。

ここでは玉掛けの資格を知らない方向けに、資格の取得に関する事から、玉掛けの説明、仕事内容、給与相場など、実際に玉掛けの資格を活かした働き方まで、分かりやすく紹介します。

1.玉掛けの資格とは

2.玉掛けの資格が必要とされる理由

3.玉掛け資格の取得方法

4.玉掛け技能講習の難易度

5.講習時間・講習内容

6.玉掛け技能講習が活かせる所と仕事内容

7.玉掛け技能講習の取得メリット・給与

8.さらなるスキルアップの為には

9.玉掛け求人のチェックポイント

10.まとめ(求人票)

1.玉掛けの資格とは

玉掛けとはクレーンのフックに荷物を掛ける・外す作業の事を指します。

・荷物の重さ

・荷物の形状

・ワイヤー、ロープの耐荷重

・フックなどの用具の使用方法

などについて玉掛け資格の保有者は知識を持っています。

参考ページ:自衛官の再就職|クレーンの資格・仕事とは?

玉掛け資格は2週類ある

玉掛けの資格は【玉掛け技能講習】と【玉掛け特別教育】の2種類あります。

【玉掛け技能講習】

クレーンのつり上げ荷重が1トン以上の場合、教習機関での学科・実技の講習にプラスして、修了試験に合格しなければ修了証を取得する事が出来ませんが、合格すればクレーンのつり上げ荷重の制限無く玉掛け作業が可能です

【玉掛け特別教育】

クレーンのつり上げ荷重が1トン未満の場合、特別教育を受ける事で玉掛け作業が可能です。

このように、必要資格はつり上げる荷物の重量ではなく、クレーンのつり上げ荷重で決まります。

ちなみに、つり上げ荷重が1トン未満のクレーンはかなり小さいサイズであり、業務ではあまり使われていません。

なので、これから資格を取得しようと考えている方は、つり上げ荷重に制限の無い【玉掛け技能講習】を受けるべきでしょう。

玉掛け資格を履歴書に書く時には

技能講習の場合

【令和〇年〇月 玉掛け技能講習 修了】

特別教育の場合

【令和〇年〇月 玉掛け特別教育 修了】

“玉掛け”や“玉掛け資格”などと記載してしまうと、技能講習と特別教育のどちらの資格なのか曖昧になってしまうので、このようにはっきりと記載しておくべきでしょう。

2.玉掛けの資格が必要とされる理由

玉掛けの作業は労働安全衛生法によって、有資格者が作業しなければならないと定められていますので、無資格者の玉掛け作業は違法です。

※有資格者のもとで無資格者が補助作業を行う事は認められています。

荷物をクレーンのフックに掛ける・外す玉掛け作業は一見簡単なように見えますが、玉掛け用具の選び方や掛け方のミスで荷物の落下など、大きな事故に繋がる危険があります。

クレーンが職場にある場合や、クレーン車から荷下ろしを行う仕事がある職場では、資格を持った人が必要になります。

3.玉掛け資格の取得方法

【玉掛け技能講習】を受ける為には、労働局登録教習機関であるフォークリフトの教習所に通う必要があります。

【玉掛け特別教育】の場合、会社で特別教育を受ける事も可能ですが、カリキュラムや設備が整っている教習所に通うパターンが一般的です。

建機メーカーや社団法人などが、登録教習機関として玉掛けの教習を行っていますが、学科や実技のカリキュラムはどの学校も同じ内容なので、通う教習所を自由に選ぶことが出来ます。

玉掛け資格では技能講習を受ける方がほとんどなので、ここからは技能講習についての説明をメインに行います。

4.玉掛け技能講習の難易度

玉掛け技能講習は、学科講習と実技講習の授業を受けて、最後に学科試験と実技試験の両方に合格する事で、【技能講習修了】の終了証を得る事が出来ます。

学科試験と実技試験の両方に合格する必要がありますが、合格率は90%以上と言われており、真面目に講習を受けていれば十分合格可能な資格です。

また、玉掛け資格取得の際には、実務経験は問われませんので、取得に関してのハードルは高くありません。

5.講習時間・講習内容

既に取得している資格で講習時間や金額が変わります。

取得に関しては、数日間の講習が必要となりますので、今働いている現場や就職援護の方と相談して日程を決める事になるでしょう。

参考ページ:再就職方法の比較|自衛隊の基地援護室を活用するメリットとは

6.玉掛け技能講習が活かせる所と仕事内容

建設業・製造業・倉庫業・運送業・印刷業・造園業など、人の手で運べない・運びにくい荷物を扱う所では、クレーンを使用した業務があります。

このようなクレーンを使用する場所で、玉掛けの資格を活かす事が出来ます。

玉掛けの有資格者が玉掛けの仕事のみを行う事はほとんど無く、建設や製造、倉庫作業などの業務を行いながら、手で運べない荷物をクレーンで運ぶ場合に玉掛け業務を補助的に行う事が一般的です。


参考ページ:日本クレーン協会・運転の為の合図

クレーン作業は玉掛け作業者とクレーン運転者の間で定められた合図があり、合図や無線での連絡を頼りに荷物の玉掛け業務を行います。

このように玉掛けの有資格者は、クレーンの運転者が作業を行う際に、安全に荷物を移動出来るよう補助する働き方がメインとなります。

7.玉掛け資格の取得メリット・給与

求人票において、玉掛け資格の保有が応募の必須条件になっているケースは少なく。

職場で玉掛けの仕事がある求人は【玉掛け資格保有者であれば歓迎】【玉掛資格保有者尚可】というように、有資格者であれば歓迎という記載になっている場合がほとんどです。

これは玉掛け資格の取得費用が比較的低額で合格率も高い為、無資格者であっても入社後に取得してくれれば良いと考えている会社が多い為です。

給与は建設系の場合は月給25~30万円以上ですが、建設系や倉庫などでは月給20~22万円程度の場合が多いです。

玉掛け資格を取得している事で手当などが付く場合もありますが、基本的には無資格者と給与はそこまで変わらず、業界の給与水準に合った額となります。

8.さらなるスキルアップの為には

玉掛けの資格は単体で取得するより、他の資格とセットで取得している事によって仕事の幅が広がる特徴があります。

入社後、会社から取得を命じられる事も考えられますので、今のうちから知っておくと良いでしょう。

・クレーン運転資格

クレーンを運転する際に必要な資格であり、クレーンの大きさや仕組みによって

【免許】【技能講習】【特別教育】の3つに資格が分類されます。

クレーンの有資格者のほとんどは玉掛けの資格を持っており、玉掛けの資格と一番相性の良い資格と言えます。

クレーン資格保者は無資格者に比べ、給与などが優遇されている点も魅力です。

参考ページ:自衛官の再就職|クレーンの資格・仕事とは?

・フォークリフト技能講習

玉掛け資格が必要とされる職場では、重い荷物を運ぶためにクレーン作業があるはずです。

重い荷物をクレーンの作業範囲以外に運ぶ必要がある時に、フォークリフトを使用する事が多く、倉庫・工場などで歓迎される資格と言えます。

参考ページ:自衛官の再就職|フォークリフトの資格・仕事とは?

9.玉掛け求人のチェックポイント

玉掛けの資格を求めている業種問わず会社は数多くあります。

建築系の仕事であれば残業時間が多くなりがちですが、メーカーの工場など残業管理がしっかりしている所では残業時間が上限が決められている場合が多いです。

業界によって、給与体系や就業時間、残業時間は大きく変わりますので、応募や面接の時など、基地援護室の方を通して日々の残業や繁忙期の仕事量、休日出勤の有無などを聞いておくと良いでしょう。

参考ページ:再就職方法の比較|自衛隊の基地援護室を活用するメリットとは

また、入社後に他の資格を取得するように推奨・指示される場合もあります。

業界や扱う製品によって様々ですが、取得が推奨されている資格を知っておくことで、自身の将来的なキャリアを想像する事が出来ます。

仕事を長く続けるつもりであれば、求人に書かれている月給だけに注目せずに、

・取得が推奨されている資格について

・昇給はあるか

・残業代は別途支給か

・賞与はあるか

という事についてはよく確認しておきましょう。

任期制隊員の再就職の場合は

昇給・賞与があり給与が増える見込みのある求人を探すのはもちろんですが、ゆくゆくは社員を管理する立場になれるのかどうか、チェックしておくべきと言えます。

昇給・賞与があったとしても、ずっと現場作業のみを行う場合は、給与が頭打ちになってしまう場合も考えられます。

また、月の仕事量によって給与額の上下が激しく、安定しないという会社もあります。

定年まで長く働く事を考えると、目先の月給だけにこだわらず、管理職の立場になり、給与がさらに上がるステップがあるのか、会社の仕事は安定しているのかなど、よく調べて再就職先を選ぶべきでしょう。

実務経験が無い場合

玉掛け資格は単体で取得しているより、クレーンやフォークリフトの資格など、他の免許や経験がある場合に評価される事が多いです。

他の資格や経験が無い場合は、経験が無くても採用される場合があるかどうか、援護担当の方経由などで事前に聞いておくと良いでしょう。

参考ページ:再就職方法の比較|自衛隊の基地援護室を活用するメリットとは

10.まとめ

玉掛けの資格は国家資格でありながら、自動車免許のような更新が不要で、免許の有効期限もありません。

一度取得すれば長く活かす事が出来す資格と言えますが、長い期間働き待遇を向上させる為には、他の資格を取得する事や経験を積む事が必要です。

・他の資格を取ってスキルアップしたい

・ゆくゆくは管理者としてスキルアップしたい(任期制隊員の場合)

など、将来的に自分がどのような働き方をしたいかよく考えたうえで、再就職先の業界を絞りこみ、キャリアプランを考えたうえで資格の取得について考えると良いでしょう。

参考ページ:再就職を迎える自衛官必見!|資格の選び方3ステップ

求人情報

横須賀市・材料運搬、加工
玉掛けの資格が活かせる求人はこちら
全ての求人情報はこちら