ものづくりの仕事に再就職をした自衛官OBの本音

製造業の仕事を再就職先に選んだ退職自衛官の方6名にインタビューを行い、就職の経緯や、実際に働いてみて感じた事についてまとめてみました。

再就職先を選ぶ時の参考になればと思います。


(元航空自衛隊 T氏・入社2年の場合)

人事担当者
人事担当者

再就職をするにあたり、どんな不安がありましたか?

自衛官OB
自衛官OB

自分は自衛隊でしか働いた事が無いので、一般企業で働くこと自体不安でした。

同業から転職する方もいる中において、自衛隊という特殊な職業から製造業に入社することは、勇気のいることだと思います。

しかし、いくつもある職場の中から適所に配置してもらったことで、その不安は解消されました。

会社が退職自衛官に対して、快く受け入れてくれる体制を整えていることが大きな要因かもしれません。

人事担当者
人事担当者

実際に再就職をして働き始める前に何か準備をしましたか?

自衛官OB
自衛官OB

まず考えたことが、私は年齢的には社員の中では高い方の新人(54歳)になるので、年齢と体力は関係ないぞ、自衛官をなめるなよという思いから、まずは入社までスポーツジムに通い体力の維持に努めました。

また健康管理には十分配慮もしました。毎日飲んでいたお酒も、仕事に支障が出てはいけないのでコントロールして週末に飲むようにしました。

人事担当者
人事担当者

再就職の時に、何かやっておけばよかった事などありますか?

自衛官OB
自衛官OB

一点だけ後悔していることがあるのですが、再就職先に業務に関連した資格を事前に取っていれば、働く職場の選択肢も増え、その資格を活用した仕事が出来たのではないかと思います。

 



(元航空自衛隊 F氏・入社8か月の場合)

人事担当者
人事担当者

実際にものづくりの現場で働いてみた感想はどうでしょうか?

自衛官OB
自衛官OB

一般企業(製造業)に従事して感じたことは、「安全」に対する意識が非常に高いという事です。現職時にも、「安全」についてはかなり意識していたものですが、安全教育をはじめ、安全パトロール、社員の意見交換など、ひとつひとつに対する意識の高さがワンランク上だと感じています。

人事担当者
人事担当者

具体的にどの様なところで意識の高さを感じますか?

自衛官OB
自衛官OB

事故事案や不具合が生じた場合の対応が早く、またその処置についても的確かつ迅速なところです。「なぜなぜ分析」という原因究明の分析を実施し、社内の安全組織へ報告するシステムも非常に良いと思っています。

事故事案は、お客様に対する信頼を揺るがすものですので、当然のことかもしれませんが、原因究明の分析や、類似事案の再発防止対策などは重要だと思います。

 



(元航空自衛隊 S氏・入社1年の場合)

人事担当者
人事担当者

ものづくりという未経験の仕事を選んだ理由は何ですか?

自衛官OB
自衛官OB

定年退職後の再就職先を選ぶ際に、本来チャレンジ精神が旺盛な性格だったので、全く知らない分野でしたが興味のあった、製造業の仕事に挑戦してみたいと考えたからです。

人事担当者
人事担当者

チャレンジしてみて実際どうでしたか?

自衛官OB
自衛官OB

全くの未知の世界で、入社当初は分からないことだらけでした(笑)。ですが、周囲の先輩社員(自分より20歳以上も若い)に懇切丁寧に指導教育を受け、戸惑いながらも業務を進めるうち、今は何とか一人で仕事が出来る状態になりました。

人事担当者
人事担当者

再就職について、現職の自衛官に言っておきたい事などありますか?

自衛官OB
自衛官OB

自衛官時代の経験や知識は自分の糧になっていると日々感じています、今までの経験は無駄ではありません。1年が経過した今改めて感じる事は、どの業務でも共通すると思いますが、やる気と素直に現実を受け入れる気持ちさえあれば、再就職後の職場でも活躍する事が出来るという事です。

 



(元航空自衛隊 N氏・入社1年6か月の場合)

人事担当者
人事担当者

民間企業で働いてみた感想はどうでしょうか?

自衛官OB
自衛官OB

製造業という、まったく未経験の仕事に対する不安は当然ありました。

しかし、再就職をしてある程度の期間が経過するにつれて、どうすれば生産効率を上げることができるのかなど、不思議なくらいにいろいろな事を考えるようになりました。

そのため、健康面・体力面・思考面等が現役時代から衰えることなく、従来どおり維持し働けていると自負しています。もしかすると、 “利益を考える”という行動が、新たなモチベーションになっているのかもしれません。

人事担当者
人事担当者

再就職について、現職の自衛官に言っておきたい事などありますか?

自衛官OB
自衛官OB

現職の時も一心不乱に業務に取り組んだと自負していますが、今みたいなモチベーションで勤務していたら少し違った結果になったかもしれません。現職の皆さんには悔いない現役生活を送って頂き、新たな再就職先は自分次第であるということを、自信をもって言う事が出来ます。今からよく考えて、悔いのない選択をして下さい。

 



(元海上自衛隊 Y氏・入社1年の場合)

人事担当者
人事担当者

民間企業で働いてみた感想はどうでしょうか?

自衛官OB
自衛官OB

製造業の世界に飛び込んでみて、入社当初は右も左も分からず、単純なことでも他に社員より仕事が遅れたりしていました。ですが、これは当たり前のことです。

そうこうしているうちに徐々にではありますが、仕事の中でモノを創り上げる喜びを味わう事や、作る工程の中で自分自身の価値を上げていることを感じられることは、人生において貴重かつ重要な意味を持っているように思います。

製造業の世界に身を置いて、自分が携わった製品が世の中において役立っていることを肌に感じています。

人事担当者
人事担当者

これからはどのように働きたいと思いますか?

自衛官OB
自衛官OB

年が年なので(55歳)それほど多くの事には貢献できないかもしれませんが、今自分に任された部署を卒業して更に新たな部署に配置されるよう責任と自信をもって今後も製造に取り組んでいこうと思っています。

実際に元自衛官が働いている職場の求人

全ての求人情報はこちら